洋服を断捨離するべき理由や意味とは何か?

いつの間にかたまってしまった洋服が家の中のスペースをどれだけ占領していたか、これを意識したことがある方は少ないかもしれません。 思い切って効果のある断捨離を行ってみるには、まず、手持ちのアイテムがどれだけあるかを認識しなければなりません。 認識をしてこそ、正しくグッズに見合っている自分になれるのです。

本当の断捨離の意味をしっかりと理解しましょう

認識することが、断捨離をする方法の第一歩ですから、まずここでは、全てのジャンルを一つの場所に出して来ます。 そこで、手持ちの数、量をしっかりと知ることが出来ます。

効果がある断捨離の流れとは?

そして季節ごとにお目見えするもの以外でも、タンスに入ったままになって記憶すらなくなった状態も、数々出て来るでしょう。 また、探していた商品がようやくこの機会についでに出て来て見つかったと言うこともあります。 こんな風に、今その存在に対する価値観も存在感もなくなっている物が、結構、出て来ます。

これまでに断捨離の経験がない方もいます

分類することによってすっきりする断捨離

それからは、断捨離で必要なもの、捨てるものに分類して行きます。 必要なものは、出来るだけ最低限を心がけましょう。 流行を過ぎてしまったりしたものは、勿体ない気持ちが高価なものほど感じてしまうものです。 それでも、これはまた、ずっと仕舞っておくだけになるのは目に見えていますので、思い切って捨てるものへ入れましょう。 また、思い出の服も、なかなか捨てがたく何度も出しては、また大切に仕舞っておくことです。 こういった罪悪感が無くなったかのような気持ちになる方が結構居るものです。

一番のメリットは断捨離でスペースができること

これが、たとえ、捨てたとしても、その洋服を着た時の思い出、経験は消えないのです。 これがあることで、鮮明に思いだし、更に懐かしむ気持ちはよく分かります。 それでも思い出、経験はそれ以上に心に焼き付いているものとなっているのです。 これを処分しても差し支えないのです。

断捨離の失敗する方法とは

どうしても、処分出来ないと思う方は、一部をカットして何か手芸の一部に利用したりしましょう。 これはアルバムのデコレーションとして入れたりしても良いです。 断捨離は捨てる効果と言うよりは、思い出のアイテムに感謝の気持ちを込めて手放すことが大事です。 有難かったと言う気持ちを込めて手放すことで、意外と気持ちはすっきりしたものとなるのです。

手放すのではなく感謝することがプラスに

断捨離は家族よりも一人のほうが効率が良い

分類する時に、出来るだけ一人で行うのが良いと言われています。 なぜなら、家族で行っているとどうしてもまだ勿体ないだとかがあります。 思い出があるだとか、その過去のエピソードが出て来たり、気持ちがぶれてしまうことが多くなるからです。 ですから、一人で黙々と断捨離の作業しましょう。

自分一人では断捨離できない女性もいます

迷わず決められるのも、している本人ならではのメリットですので、出来るだけ短時間で決めて行くことが大事です。 迷った時は、その服にときめく気持ちがあるかないかの瞬時の感覚に従ってみるようにしましょう。 迷って、また取っておいたアイテムと言うのはその後、また同じように仕舞われるだけの存在にすぎないのです。 断捨離を行う時に、確かに勿体ないからどなたかにもらってもらいたいと言う思いも浮かんで来るものです。

個人的な作業の方が比較すると良い

早い時期に処分した方が断捨離はいい

しかし、確実にもらってくれるかどうかも分からないものをあやふやなままでまた仕舞っておくことになり兼ねません。 また、その分、収納のスペースを占領されてしまうのです。 一枚だからとだんだん、とりあえずもらっておくために仕舞っておくと、気が付けばかなりのスペースを占めてしまったと言うことになります。 これでは、何のために分類したのか分からなくなります。

一年に一回は断捨離をやらないと溜まってしまう

非効率的ですので、出来るだけもらってもらいたいと言う考えを持たないことが大事です。 断捨離は自分が思い入れがあったり、高価なブランドだったりして誰かに使ってもらいたいと思っても、それは、自分が捨てると言う罪悪感を埋めてもらうための心理が根底にあるからなのです。 服に対する価値観も、人それぞれですから、せっかくもらってもらっても逆に相手にとっては、仕方なくもらわざる得なかったと言う場合だってあるのです。 処分に至るまでには、自分に取って輝かせたり自分らしさをアピールしてくれたアイテムですから、最後も自分の手で大切に手放してあげることが、本当の意味で責任感を全うした購入になると言えるでしょう。 最後に、確実に処分したいブランドは出来るだけ早い時期にゴミ収集に出しましょう。 家の中にいつまでも置いておくよりも、断捨離して処分に出してスッキリする効果のためです。 中には、また、未練がましく処分したいグッズを取り出してしまう方もあるからです。

今捨てなきゃこれからも一生できない

断捨離に必要なことは洋服の整理です

それから、必要な服の整理です。 これまでの不用なポイントが無くなった分、断捨離の効果で収納スペースもずいぶん広がって来ます。 ぎゅうぎゅうに詰めて、どこに仕舞ったかも分からない状態から脱出できるので、アイテムが整然と収納出来るようになります。 収納するには、たとえばセーターだとしたら、このように色を淡色から濃い色と言うようにグラデーションで並べて行きます。 平積みして行くと、下のセーターが何があったか分からなくなるので、立てて収納しましょう。

実は意味がない断捨離の間違ったやり方

結果そうするには、折りたたんだ時のサイズを同じような形になるように意識しておく習慣をつけると、収納しやすくなります。 こんな風に行った洋服の断捨離によって、スペースもその分、少なくて済むようになるので、ブランドを選ぶ際にもストレスを感じなくなります。 一目瞭然で動線も少なく、見つかりやすいので、暮らしの中でもゆとりを感じるようになります。 また、今持っている自分の全部がどれだけあるのかも、認識がしっかり出来るようになると、無駄な買い物もしなくなります。 手持ちの数を認識しておけば、買い物をするにも、どれとどんな風にトータルのコーディネイトをしてみるかがイメージしやすくなり、新たなの活用法も更に広がって来るのです。 そうすれば、自分のものを認識してないと、ついつい安いしいくらあっても良いかもしれないと言う安易な気持ちでの買い物をしなくなるので、服に対してしっかり向き合って選ぶ習慣が自ずと身について来ます。 これに対する価値観が研ぎ澄まされて行くことで、これは着こなしもしっかり考えて選ぶ暮らしが出来るようになるのです。 これを行うとこんな風に、コーデが選びやすくなり、買い物も賢くなり、暮らしもゆとりを持てるようなメリットがあります。 洋服と着る人がしっかり向き合い着こなしている暮らしは、断捨離はシンプルでありながらも心の豊かさや穏やかさにも通じるものがあります。 これまでに挑戦できずにいた方も、このような暮らしを手に入れられるのですから、挑戦してみる価値ある行為だと言えます。

本当に必要なものがわかる効果

最低限 収納 心理 メリット こんまり

このページの先頭へ